スポンサードリンク

iPod touch5(第5世代)32GBホワイト&シルバーを買いました

eyecatch

iPod touch5(第5世代)を買いました。2010年秋に購入した第4世代のiPod touchを使っていたのですが、最近、インストールしたいと思ったアプリがことごとくiOS7以上にしか対応しておらず(第4世代はiOS6どまり)。

例えば、先日ご紹介したSENSYとか。
人工知能がコーディネートをアドバイス?最新のファッションスタイリストアプリSENSY(センシー)とは

とは言え、4年半使ってきて愛着のあるデバイスです。また、リリースから3年目という中途半端なタイミングで第5世代を買うのも何だか悔しい気がしました。

が、iPod touch6の発売なんていつになるか分かりません。仮に、今年だとしても、過去の例から考えると発表は9月でしょう。ということは、第6世代を待つとすると、最短でも8ヶ月。その間に仕事や英語学習が捗ることと、いち早く「iPod touch6買いました!」という記事を書くことのどちらが重要かというと、そりゃ前者なわけで。

ということで、今週はじめにiPod touch5の購入を決意。選んだのは32GBのホワイト&シルバーです。

Apple iPod touch 32GB ホワイト&シルバー MD720J/A <第5世代>

Amazonで注文して、届いたのが1月28日。最近、感覚が麻痺してきたのか、意外と箱ちっちゃいな、と思ってしまいました。
iPodtouchが入ったAmazonの箱

バッファローの専用液晶保護フィルムとともに購入。このフィルム、いいですよ。簡単にきれいに貼れて、わずかに残った気泡もほんとに消えました。
iPodtouch5用液晶保護フィルム

iBUFFALO iPod touch(2012年発表モデル)専用 気泡が消える液晶保護フィルム スムースタッチタイプ BSIP12TFT

さて、iPod touchを開封してみましょう。
iPodtouchの箱

見た瞬間に思ったのは、想像していたより白い!というもの。ディスプレイ周りは、もっとシルバーに近い白かと思っていたのですが、マットな白で、こりゃ失敗したかなーと思いました。
iPod touch 32GB ホワイト&シルバー MD720J/A

しかし使い始めてみたところ、この白がなかなかいいんですよ。照明の加減で、微妙に色のニュアンスが変わるんです。例えば、地上を走る電車の中では牛乳みたいな色、地下鉄の中では生成り色、晴れた朝の空の下ではシルバーに近い白、という具合に。

ボディも、第4世代のような鏡面仕上げの方がいいのになあと不満に思っていたのですが、マットなシルバーもいいもんです。シルキーというか、すべすべしていて、撫でていたくなる感じ。
iPod touch4と5

付属品はこちら。イヤーポッズ(イヤホン)、USBケーブル、ループ(ストラップ)です。
iPod touch5の付属品

本体の大きさと重さのバランスが絶妙で、落とす心配がなさそうなので、ストラップはおそらく使わないかと。ペラペラで安っぽいということもありますし。
iPod touch5のストラップ

イヤーポッズの使い心地は文句なし。第4世代の純正イヤホンではポロポロ外れまくりだった私にも、しっかりフィットしてくれます。イヤホンをまとめるやつ(四角いパーツ。何ていう名前なんでしょう)も滑らかに動いて、ストレスなし。
イヤホンまとめるやつ

ということで、必要なアプリが第4世代で動作しないということで、仕方なく買った感のあったiPod touch第5世代ですが、使ってみた感想は、もっと早く買えばよかった!というもの。iOS8のインターフェースと動作には違和感がありますが(特にミュージック)早く慣れて使いこなしたいと思います。

第4世代には、4年半、世話になりました。カラコ1級や色彩検定1級合格、そしてTOEIC890取得を果たしてきた傍らには、いつもこれがいたと思うと切ないな。ありがとう。
iPodtouch4

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ