スポンサードリンク

Facebookページのプロフィール画像がもやもやと不鮮明になる理由とその対処法

eyecatch

Facebookにプロフィール画像をアップロードすると、自動的にデータが圧縮されて表示されます。

左は素材屋小秋Facebookページ(ファンページ)左サイドに表示されているプロフィール画像のオリジナル。国産無料グラフィックソフトのPixiaで作成して、JPEG形式でクオリティを落とさずに保存したもので、容量は201.05 KBです。

素材屋小秋公式facebookページのバナー画像

他方、右はFacebookページに表示されているものを右クリックでお持ち帰りした画像。容量が42.94 KBに圧縮されていて、画質が劣化しています。赤字に白抜きの「素材屋小秋」の文字の周りや、キャラクターのピクじろうの帽子やTシャツ部分に、もやもやの色ムラができてしまっていますよね。

このもやもやは「モスキートノイズ」といって、JPEG形式で画像を圧縮して保存したときに起こりがちな現象です。デジカメ写真の形式でおなじみのJPEGは、単純明快なイラストやロゴは苦手なんですよね。

じゃ、JPEGじゃなくてPNGかGIFならどうよ!と思ってやってみたところ、どうやらFacebookでは、強制的にJPEGに変換されてしまうようです。あのコカコーラさんのロゴだって、もやもやしてしまっているくらいですので、どうしようもないんでしょうね、コレ^^;

ただ、このもやもやは、イラストやロゴの色合いを複雑にすると、いくぶんマシになります。素材屋小秋のプロフィール画像の中でも、ドット模様の背景と「商用OKだから~」等の文字が入っている青い四角の部分は、比較的もやもやが目立ちません。グラデーションとか、細かい文様はよいようですね。

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ