スポンサードリンク

フェリシモの500色の色鉛筆の世界をとことん楽しむアプリ『フェリシモ My500色カメラ』をひとまずダウンロードしてみました

eyecatch

2012年3月9日付けの記事『フェリシモの500色の色鉛筆は今』で、「残念ながらすでに販売を終了していますが」と書いたフェリシモ「500色の色えんぴつ」が販売を再開していました!

今年2013年にアンコール発売となったそうです。2013年8月末まではキャンペーン期間で、1月1セット(25本)の定価が2000円のところ、友達と2人で申し込めば1セットにつき1000円、一人で2セット以上予約すると1200円、一人1セットを普通に買っても1500円とのこと。

もっとも値引き率の低い一人1セットの通常買いでも、合計1万円の値引きとなるわけですから、これはお得です。

あれ、でも過去に参照した記事では、500本コンプリートで3万6000円とあったような…

まあ、それもキャンペーン価格だったかもしれませんし、その価格と比べても6000円安いわけですから、気になっていた方は、今がチャンスではないでしょうか。

FELISSIMO 500色の色えんぴつ

ところで、そんなフェリシモの500色の色鉛筆に対応した無料のiPhoneアプリがリリースされてます。名付けて『フェリシモ My500色カメラ』。

アプリを起動させ、「写真を撮る」ボタンを押すと、カメラが起動し、自動で「500色の色えんぴつ」に対応する色を探してくれます。

対応する色が見つかると、「ピピッ」と音がして、欄外にあの2009年発売当初にネットで物議をかもしたフェリシモ独特の色名が表示され、シャッターボタンをタップすると、撮影が完了。

撮影完了した画像には、額縁のような処理がほどこされ、色名とキーワード(色言葉みたいなもの?)、そして「この色を好む人はこんな人です」的な解説が付されて、「My500色カメラ」に保存することができるようになります。

「My500色カメラ」とは、自分だけのアルバムのようなもので、500個の枠があり、デフォルトは500色の色鉛筆の画像が1本ずつ表示されているのですが、撮影画像を保存すると、該当する色の鉛筆の画像が、保存した画像と置き換わります。

そして、すべての鉛筆画像が撮影画像に置き換わると、誰にも真似できない500色図鑑が完成!ということで、なかなか燃えられそうなのですが、このアプリ、難点は、動作がものすごく遅いこと。保存の途中で落ちたりもするし…orz

私のiPodTouch3+iOS6という環境がいけないのかもしれませんが、今のところ、500色をコンプリートしようという気力がわいてきません。

ただ、「My500色カメラ」のページを今一度確認したところ、アプリの最新アップデートが2013年4月23日に行われた模様です。現在、私のiPodTouchに入っている「My500色カメラ」は、それより前に入手したものなので、色々不具合があるのかも。

ダウンロードしなおした上で、あらためて使い方や使い勝手をレポートしてみたいと思います。

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ