スポンサードリンク

妖怪ウォッチの食玩「ともだち妖怪大集合!!W」を買った(コマさんタクシー編)

コマさんタクシーフィギュア

妖怪ウォッチの食玩「ともだち妖怪大集合!!W(ダブル)」を買った。「コマさんタクシー」編と「黒い妖怪ウォッチ」編の2種類。

先住のともだち妖怪トムニャンといっしょにパシャリ。
ともだち妖怪大集合 コマさんタクシー

「ともだち妖怪大集合!!W」は、6月27日が発売日という情報は得ていたのだが、最近、近所のスーパーには、妖怪ウォッチのお菓子があまり置かれなくなってきたので、入手は半ばあきらめていた。

しかし、6月29日、たまたま入った大阪市内のライフ(スーパー。関西ローカルか?)で偶然発見!しかも全種類そろっている!

ちなみに、「ともだち妖怪大集合!!W(ダブル)」は4種類。トレジャージバニャン&ニャンパチ先生、「コマさんタクシー」のコマさん&コマじろう、ふぶき姫&あつガルル、「黒い妖怪ウォッチ」のジバニャン&コマさんの4組のセットだ。

ともだち妖怪大集合W全4種類

コンプリートしようかと思ったが、価格が1箱300円とけっこうなお値段なので、確実に愛が抱ける「コマさんタクシー」と「黒い妖怪ウォッチ」のセットに絞ることにした。ニャンパチ先生のは、ペアになってるのがコマさん先生だったら買ったかもな。

さて、「コマさんタクシー」は、アニメ『妖怪ウォッチ』の一コーナー。過去の作品中で不適切な言動をしたキャラクターがタクシーの後部座席に乗せられ、運転手のコマさんに諭されるという企画だ。

コマさんフィギュアに笑顔がないのは、そのため。助手席のコマじろうが持っている紙は、視聴者からの苦情のお手紙である。

コマさんタクシーフィギュア

何だか私まで怒られてるような気がしてきた。

「最近、エコとか環境とか言ってるのに、ソフビ人形なんか買ってていいんズラか?」
コマさんタクシーフィギュア

確かにそうだ…PVC製の人形本体といい、紙箱に入っている上にビニールで包装されている点と言い、全然地球によさそうじゃない。中国製らしいが、工場の労働環境も気になるところだ。

ともだち妖怪大集合ダブル中身

そうだ、箱を開けると見えるタブみたいな部分(内フラップというらしい)に「バンダイエコアクション」として環境キャラクター「ネイ太」が印刷されているではないか。こいつが救いかもしれない。

バンダイナムコ環境キャラクター ネイ太

しかし、内フラップに書かれたURL(http://www.bandai.co.jp/kids/eco)にアクセスしてみたところ、ネイ太はすでにいなかった。

バンダイエコくらぶリニューアル

「バンダイエコ・くらぶ」は2017年6月1日から、「おもちゃの会社バンダイのCSR」にリニューアルされたらしい。

http://www.bandai.co.jp/csrkids/

どうやらバンダイは、環境だけでなくCSR全般の啓蒙活動をすることにしたようだ。子供向けにCSRとは何かを比較的やさしく解説している。今さら人に聞けないって方はぜひ。

企業をとりまく人々とコミニュケーションを取りながら、みんなが暮らしやすく快適になっていけるように、世の中のためになることに進んで取り組むことがCSR[企業の社会的責任]です。

CSRって何のこと?|おもちゃの会社バンダイのCSRより

なお、同サイトには「3R(リデュース、リユース、リサイクル)」の取組みについてのページもあり、おもちゃの生産から廃棄まで資源を無駄にしないための工夫が紹介されている。

ちなみにソフビ人形は、リサイクルされて床材とかになるらしい。今のところコマさん&コマじろうとお別れする気は全くないが、もし手放す時が来たら、適切に再資源化されるように計らいたいものである。

今月の人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ