スポンサードリンク

チロルチョコ<抹茶パフェ>試食レポート

eyecatch

今日はまた、最近はまっているチロルチョコについて。チロルチョコ<抹茶パフェ>を試食した感想と、パッケージの色やデザインの分析です。

チロルチョコ<抹茶パフェ>は、昨年、2013年の夏の発売で、新商品というわけではないのですが、近所のローソンでブラックサンダーを買おうとした際に目にとまったので、つい一緒に買ってしまいました。

パッケージは、黄緑から白へのグラデーションを背景に、小豆とクリームが載った抹茶アイスの画像と、金色の「抹茶パフェ」の文字をあしらったもの。文字は細い明朝体をアレンジしたもので、和モダンな雰囲気をかもし出しています
チロルチョコ<抹茶パフェ>のパッケージ

チロルチョコのロゴは、裏面に。
チロルチョコのロゴ

開封してみました。底は抹茶チョコ。
開封

全体的には、抹茶とホワイトチョコのグラデーションです。先日のチロルチョコ<シュークリーム>同様「P」の型押しが。シュークリームも抹茶パフェも「チロルチョコプレミアム」という30円(税抜)のシリーズ属するところをみると、「プレミアム」のPである模様。
抹茶とホワイトチョコのグラデーション

切ってみました。この写真では色が見にくいですが、抹茶ゼリーと小豆餡のようなものが層になってます。
抹茶ゼリーと小豆餡のようなものの層

食べてみたところ、抹茶風味とゼリーの食感が心地よく、後には小豆の味がしっかりと残りました。私は好みですが、クリーム感は感じられないので、パッケージを見て期待していた人はがっかりかもです。

包装のセロハンを展開してみたところ。抹茶パフェの文字とチロルチョコの文字部分は、下が透けて見えるクリアの黄色になっていて、銀紙と重ねるとゴールドに見える仕様です。そして「PREMIUM」の文字はパフェ画像の小豆と同じ色です。
包装のセロハンを展開

抹茶と小豆って味の相性がいいだけでなく、色の相性もいいですね。「新配色カード」でざっと測ってみたところ、濃い黄緑の部分がだいたいdp10(深い黄緑)、小豆の部分がdk24(暗い赤紫)でした。これは、調和するとされている対照色相の関係にあたります。

ということで、今日はチロルチョコ<抹茶パフェ>を試食した感想とパッケージの分析でした。最近発売された<ストロベリーチーズパイ>についても、すでに試して写真を撮影済なので、近々お届けしたいと思います。

ほかにもこんなチロルを試食しておりますよ ↓

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ