スポンサードリンク

バブル期とはこう違う!日経MJが選択子なし夫婦を新DINKSとして特集

おひとりさまが2人

「DINKS」って言葉久々に聞いたなー。Double Income No Kids の頭文字と最後の「s」をとってDINKS。約30年前、1980年代後半に子供を持たない共働きの夫婦を指す言葉として使われ始めた用語だ。

当時田舎の学生だった私にとっては、夫婦で高級レストランだ海外旅行だ、持ち物やプレゼントはブランド品だ、という人たちとほぼ同義で、非常にバブリーなイメージがある。なので、10月28日発行の日経MJの1面で、久々にこのキーワードに遭遇して、なんで今更?と驚いた。

もっともMJは、今どきの選択子なし共働き夫婦を「新DINKS」と呼んで、当時のDINKSとは区別しているのだが。夫婦のあり方や、お金の使い方、余暇の楽しみ方が30年前のDINKSとは違うんだそうで。

現在、ダブルインカムノーキッズな人たち、また彼らを叩きたい人たちが気になりそうなアンケート結果がいろいろ掲載されていたので、いくつか紹介してみたい。なお、アンケートは子供のいない20~40代の既婚男女1241人を対象に実施したとのこと。

財布は別

お金に関するアンケート。

配偶者の収入・貯蓄額をどちらも把握していない…20.1%

生活費を夫婦で分担している…46.0%

別々に貯蓄している…50.0%

とのことで、生活を維持するのに必要な費用を折半したら、あとそれぞれの収入は自由に使うというスタイルの人もいるらしい。

ちなみに彼らのお小遣いの金額は一人平均6.9万円。これはサラリーマン平均の4万円弱よりかなり多い。

別行動に抵抗がない

平日に夫婦でデートする…18.6%

1988年にライオンが首都圏のDINKS女性に実施した調査では、夫とデートすると答えた人が47.5%だったそうで、それと比較すると、かなり減っている。

かわりにそれぞれ友達と会う機会が増えた?今回のアンケートでは、約3割の人が「週に1回以上配偶者を伴わずに友人と会う」と回答したそう。

夫や妻が休日に友人と出かけてもいい…93.2%

配偶者を伴わず友人と旅行に行くのに抵抗はない…60.0%

インタビューを受けた人の中には、事前に許可を得るのではなく「行くことにした」と事後報告をするのが常という女性もいた。

夫婦での旅行は年に0~2回…53.9%

1992年の「日経リゾート」の調査では、1年あたりの夫婦での旅行回数は平均4.3回だったとのことなので、減ったと言えそうだ。

惣菜も別々に購入

その他、紙面には歯磨き粉やシャンプー、せっけんを夫婦別々に所有する人が16.4%いるというデータや、仕事帰りに各自好みの惣菜を買ってくるという夫婦、夫と妻がそれぞれこだわりのシャワーヘッドを使っている夫婦(使うときに付け替えるらしい)が登場した。

こういった新DINKSの動向をMJは”「おひとりさま」2人同居” と称して、見出しにしている。

全文がWeb版日経新聞に載ってるので(10月29日現在)、興味のある方はご参考。

新DINKS 「おひとりさま」2人同居 束縛や我慢なんて嫌! MJ1000人調査

洗面台、お風呂まわりの日用品が男女別々ってのは、そんなに意外でもないかな。シャワーヘッドと惣菜に関しては、ちょっとびっくりだけど、それぞれ譲れないポイントがあって、それをどちらかが我慢する状態にないというのは、お互いストレスなくていいんじゃないかと思った。お金かかりそうだけど余裕あるみたいだし。

シャワーヘッドを替えるという発想はなかったわ。塩素を取り除くとか、頭皮ケアができるとか、いろいろあるみたいね。

ところで、我が家も条件的にはDINKSに該当するのだが、余裕はない。4~5年前は、積極的にお金がなかった。しかし、その時期に、子なし共働きというだけでお金あるんでしょ呼ばわりされたことがある。本業のデスクワークとは別に、スーパーの惣菜部門でバイトしてたときの話。

同じ部門で働いていた同年代のパート主婦の方から、やっぱり年に一回は海外旅行に行ったり、記念日のプレゼントはブランド品だったりするんでしょ?会社帰りにご主人と待ち合わせてデートしたりするんでしょ?いいレストランいっぱい知ってるんでしょ?と初日に質問攻めに遭った。

いや、共働きといっても私はしがない派遣社員で亭主は零細自営兼業主夫だし、それどんなバブル時代、そもそも余裕あったら土日にコロッケ揚げに来ないし、ということをオブラートに包んでお伝えしたのだが、最終的には謙遜ととられたようだ。

いや、懐かしいな。こういう箱入りのやつをバッサバッサ揚げるわけです。

ちなみに彼女はもう大きいお子さんがいる主婦で、パートは1日4時間が週3~4日。ご主人は大手のサラリーマンだそうで、そちらの方がよほど裕福だろうと思ったのだが、隣の芝生は青い状態だったのかな。

めんどくさいので、次に同じようなことがあったら、バブル期のDINKSエピソードを参考に大幅に話を盛って、「あれ?こいつ本当は貧乏なんじゃね?」と思わせる方向に持っていこうかと思う。

今月の人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ