スポンサードリンク

1月16日は「禁酒の日」

eyecatch

1月16日は「禁酒の日」ということで、それにちなんで、素材屋小秋からお酒の無料イラストをいくつかご紹介。禁酒の日が1月16日に定められた理由なども解説する。

禁酒の日の意味・由来とは?

禁酒の日が1月16日に定められたのは、1920年の1月16日に、アメリカで禁酒法が施行されたことによる。お酒に酔っていい色になってしまってる人を戒めるための「1(いい)16(いろ)」の語呂合せではない。

アメリカにおける禁酒法は、消費のためのアルコールの製造、販売、輸送が全面的に禁止された法律で、1920年に施行され、1933年に廃止された。

廃止の理由としては、アルコールの製造・販売が禁止されることにより地下に潜り、マフィア(アル・カポネが有名)による犯罪の温床となったことや、密造酒による健康被害があるという。

そもそも無謀とされていた試みだが、なぜ議会を通過してしまったかというと、当時、酒場の運営やビールの醸造などで力をつけてきたドイツ系移民の勢力を弱めたいとする、生粋のアメリカ人の思惑があったようだ。

国民が信仰上アルコールに批判的だった、という理由が一番に挙げられることが多いが、それは隠れ蓑にすぎなかったんでないの?という見解がある。

お酒関連の無料イラスト

さて、素材屋小秋には、「禁酒法のイラスト」そのものズバリはないが、お酒のイラストならいくつかある。とりあえず生。

生ビールのイラスト
生ビール

ワイン。ボージョレヌーヴォーのイラストとして、カテゴリ「11月」に掲載しているものだが、通年でどうぞ。

ワインのイラスト
ワイン

和風もあります。日本酒の入った酒樽のイラスト。

酒樽のイラスト
酒樽

我が家の禁酒事情

1月16日、禁酒の日だが、我が家では今日も普通に飲む予定。そういえば、この10年、休肝日が全くない。しかし、毎日飲むといっても、適量なので健康に影響なし。健康診断の数値は正常、体重の増減もない。

お酒で太るって言う人が少なからずいるけど、それ多分お酒のせいじゃなくて、おつまみ食べすぎてるからだから。締めのお茶漬けとかラーメンのせいだから。

エンプティカロリー説を信奉している訳ではないが、同じ数値のカロリーを摂っても、米や麺とアルコールでは、絶対身に付き方が違うよね、というのが実感だ。

お酒が好きで太りたくない人は、禁酒に走るのではなく、適度に飲んだ方がいいんじゃないかと思う。ストレスたまると、ドカ食いに走りやすいし。

今月の人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ