スポンサードリンク

阿波っ子の私が徳島のおすすめや県民性の魅力って何だろう?と考えてみた結果

鳴門大橋
photo credit: 大鳴門橋 via photopin (license)

disられるより「素直に魅力がわからないので教えて!」って言われた方が、ダメージがでかいのだなあと思わせられる記事を読んだ。いや、イケダハヤト氏が徳島を貶めても何の得にもならないだろうから、攻撃の意図はないと思われるが。

「四国4県を比べてみた」記事が面白い。徳島の魅力ってなんだろう?

「徳島の魅力ってなんだろう?」これ、生まれて27年とちょっとを徳島で過ごした私も、たまに考えるテーマだ。そして、関西に出てきて十数年になるが、いまだ答えは出ない。こちらで出会った人に、私が徳島出身であることを告げると、徳島には何があるの?名産はなに?とか聞かれることがあるが、答えに窮してしまう。

徳島の名産品とは?

名産に関しては、一応わかめとすだちってことになってるが、イケハヤ氏も書いてる通り、いまいちメジャー感に欠ける。デパートで開催される四国の物産展のチラシなんか見ても、他の三県と比べて訴求力がない。

だって鰹のたたきとかうどんとかミカンとは階層構造が違うもの。メインで食べるものじゃなくて、メインに添える物だよな、わかめとすだちは

あ、そうだ。わかめをメインで食べる人間を一人だけ知ってる。うちの亭主。彼はうどんや素麺の代わりにわかめを食べる。戻した乾燥ワカメをめんつゆに浸し薬味を振ったもので、私もたまに食べるが、これが結構うまい。

しかし、彼がわかめを食べるのは、単にわかめが好きだからであって、徳島出身だからとか、徳島を応援しているとかいう話ではない。実際、常食しているのは、業務スーパーとかで売ってる中国産の乾燥わかめだし。私の実家から送られてきた徳島産のわかめを食べたこともあるはずだが、特に心に響くものはなかった模様である。

なお、わかめを活用した商品で、知ってか知らずか、ネーミングがえらいことになっているものがある。「酒」の部分は「しゅ」と読むようだが。

鳴門海峡 わかめ酒

あと、物産展の徳島コーナーには、ちくわとかフィッシュカツなど練り物系もよく出品されているが、徳島ならではの品って気はしないしなあ。フィッシュカツは大好物だけど。

「たらいうどん」も美味いが、隣がうどん県なのでいまいちアピールしにくい。

徳島の人間はみな阿波踊りが踊れるのか?

阿波踊り

photo credit: via photopin (license)

私は、父親の勤務先の「連(れん:踊りのグループのこと)」で、衣装を着用して踊ったことがあるが、一度も踊ったことはないという徳島人もいると思う。少なくとも、私の周囲には、熱心に阿波踊りをやっている人はおらず、また母や弟、地元の友達が阿波踊りに参加したという話を聞いたことがない。

しかし、通っていた地元の大学では、よそからやってきた人が中心になって連を結成していたし、関西に来てからは、毎年阿波踊りに足を運ぶという生粋の大阪人の存在も確認している。

なので、県内での盛り上がりはいまひとつだが、県外の人には驚くほどウケがいい、というのが阿波踊りに対する私の印象だ。

ただ、たまに阿波踊りを野卑なものとして、徳島を格下認定したいらしい人がいて、「徳島の人はみんな阿波踊りできるんですよね~?」と半笑いで聞かれることがある。そういう人には、「それはもう、徳島では阿波踊りが小学4年の体育の必須種目となってますから」と答えることにしている。ちなみに、「小学4年の体育」の部分は、気分によっていろいろ変わる。

徳島の県民性は?

徳島にいた期間のうち、20年強を父の会社の社宅(転勤族多し)で過ごしたこと、あと、私自身が病院に行ったら何かの病名が付くんじゃないかと思うほどのコミュ症であったことから、正直、徳島の県民性はよく分からない。

狡猾で排他的かつ距離無しという人間が周囲に結構いたような気がするが、これは徳島ゆえの特徴ではなく、単に「閉鎖的な田舎あるある」なんじゃないかと思うし。

ただ、私が魅力的だと思った人は、例外なく他所からやってきた人か、後に他所に出た人だったなあとは思う。

まとめ

ということで、今日はブログ「まだ東京で消耗してるの?」の記事をきっかけに、徳島の魅力を一生懸命考えてみたのだが、「私にはわからない」というのが結論だ。

大歩危とか県南の方とか、自然が豊かなので、ラフティングとか釣りとかサーフィンとかキャンプとかドライブとか、活動的な人にとってはなかなかいいところなんじゃないだろうかとは思うが、インドア派で、趣味はマンガと音楽と買い物だったという私には、住みにくいところであった。

結果、四国で随一といわれる大阪へのアクセスを利用して、好きなアーティストの来日公演に足を運ぶようになり、服やCDを買いに行くようになり、最終的には関西に出ていた友人の紹介で知り合った亭主と結婚して、完全脱出。

そして、かれこれ18年になるが、一度もホームシックにかかったことがない。他人に「まだ徳島で消耗してるの?」とは言わないけど。

今月の人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ