スポンサードリンク

1ヶ月水だけで髪と体を洗ってみた結果

水浴

ガス給湯器にエラーが表示され、蛇口からお湯が出なくなって1ヵ月が経過。湯シャンやめた!次は○シャンプーだ!に書いたような、水だけで洗髪し、体を洗うという生活をそのまま続行中である。

暖冬とはいえ、1年で最も寒い時期。当初は、やっぱ冷えるよね、ということで給湯器の修理にきてもらったり、あるいは銭湯やネカフェのシャワーを利用したりということになるのかと思っていたのだが、今のところ水だけで事足りてしまっている。

というか、昨年6月に湯シャンと石鹸を使わない生活を初めて以来、12月に給湯器が故障するまで、湯を使った入浴をしていたのだが、その頃より体が冷えているという実感はない。

冷水シャワーで洗ったり、濡れタオルで拭ったところはポカポカと温かく、血行がよくなったような気さえする。髪はすぐにドライヤーで乾かし、服を着込めば後から寒くなることもない。

んじゃ、汚れ落ちはどうなのよ?という話だが、これも今のところ問題はなさそうだ。当初、頭のかゆみが若干気になったが、それも落ち着いたし、臭いもない。

「湯シャン」実践派の方へ・・・匂うんですけど。元ネタはニセ医学の経皮毒か? | 五本木クリニック | 院長ブログのような人によると、「あんたそれ自分が慣れてるだけでしょ?まして水だけで洗髪なんてとんでもない」という話になりそうだが、異なるシチュエーションで何度も頭皮をこすって嗅いでみても異臭はないので、問題はないと思われる。

どころかシャンプーを断って半年以上、未だにほんのりシャンプーの匂いがするのはなぜなんだ。「経皮毒」をうんぬんするつもりはないが、ちょっとびっくりしている。

ちなみに、経皮毒についての本の出版は2005~2006年に集中しているようだ。最近はどうなのかな。

ところで髪質の話だが、湯シャンのときより柔らかくなり、よりツヤが出てきた。

「いや、あんたそれ、自分の脂でしょ、きったないわねー!」という向きもありそうだが、前述したように臭いもないし、ギトギトベタベタしてるわけじゃなし、問題ないと思うんだけどな。むしろ自分の皮脂をこそげ落として、かわりに馬や椿の油を塗るという営みが、なんとも無為に感じられる。

まあ、これは体臭がほとんどないから言えることかもしれない。

ちなみに、体臭が薄いのは、もともとの体質もあるが、魚と野菜中心の食生活の影響じゃないかと思っている。肉を主菜としてがっつり食べていた時期は、けっこう脂ギッシュだった気がするので。

しかしなんだかこう書いてると、水風呂といい、食といい、年寄りの養生訓みたいだな。絶賛中二病の頃は、40歳までで死ぬみたいなこと言ってた記憶があるし、40を過ぎた今も特に長生き希望ではない。

が、このまま行くと、120歳ぐらいまで生きそうな気がしてきた。なんだかな。

今月の人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ