スポンサードリンク

AFT色彩会員「入会特典」の中身をまるっとお見せします

eyecatch

色彩検定協会の「色彩会員」なるものに入会申込をしてみたところ、会員特典の「A・F・Tジャーナル」などが入った郵便物が届きました。今日はその中身についてレポートします。
「A・F・Tジャーナル」などが入った郵便物

色彩会員とは、AFT(色彩検定協会)が設けている会員制度の会員のことで、協会公式サイトによると、「色彩に興味のある方ならどなたでもご入会可能!」とのこと。

会員の特典は以下の通り。

  1. 色彩検定の『受験願書・募集要項』を自動送付(年2回)
  2. 『A・F・Tセミナー』へ会員割引価格でご案内
  3. 色彩情報誌『A・F・Tジャーナル』を年3回無料送付(春・夏・秋)

私が入会したのは、2のセミナー料金の割引に惹かれたからです。正規料金が6,000円の2月15日開催のセミナー「インテリア空間の色彩」に、当初、非会員のまま申込みをしたところ、

「同時に入会していただきますと、会員価格の4,500円で受講していただけます」

との話でしたので、入会することにしました。色彩会員の年会費は2,500円で、A・F・Tセミナーには、今後1年の間に少なくともあと1回は参加するだろうから、お得だと思ったのです。

さて、入会申込をしたのが、2月7日。冒頭の写真の郵便物が届いたのが2月21日でした。封筒から出してみたところ。
封筒の中身

こちらが会員証です。AFTって「All Japan Fashion Teachers」の略だったんですね。
色彩会員証

最新刊の『A・F・Tジャーナル』とその別冊「直前対策 実力問題集」です。
最新刊の『A・F・Tジャーナル』とその別冊「直前対策 実力問題集」

『A・F・Tジャーナル』は、タブロイド版の印刷物で、2014年秋号は、8ページ。一瞬「えっ、ペラペラやん」とガッカリしましたが、中身は、ユニバーサルデザインについてのアンケート結果や、赤ちゃんはいつから金色を認識するのかの研究レポート、車の塗装の現場で働く人のお話など、充実してました。

「直前対策 実力問題集」は、B5サイズ8ページの冊子で、3級から1級2次までの模擬問題を各2~3問ずつ収録。1級2次を試しに解いてみたところ、最近の傾向よりやや難易度が高い問題で涙目。明度表おさらいしないとな……(ただ、p22+とlt22+はトーン「オン」トーン配色じゃないかと思うんだが、どうなんだろう)。

そして、これも会員特典のひとつである受験願書・募集要項。
受験願書・募集要項

少なくとも、今年の受験の予定はない私にとっては、特典なのかどうか微妙なとこですが、せっかくなので2014年の色彩検定の日程をご紹介。

2014年の色彩検定は、夏季(2・3級のみ)が6月22日、冬季が11月9日に実施。1級2次は12月14日の予定です。夏季試験の申込は、3月31日から始まります。

ということで、今日はAFTの色彩会員になってみたらこんなものが届いた、という入会特典レポートでした。2500円の年会費を払って入会してよかったかどうかは、1年後にご報告したいと思います。

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ