スポンサードリンク

色彩検定1級の合格証書が届きました

eyecatch

色彩検定1級の合格証書が届いたので、早速お目にかけたいと思います。受験に向けてがんばっている皆さんの発奮材料になれば幸いです。

さてさて、昨日2月4日、帰宅しましたら机の上に2通の封筒が。1通は、色彩活用研究所サミュエルさんから、そしてもう1通は色彩検定協会から。
2通の封筒

サミュエルさんの方は、おそらく先日請求した色彩検定1級2次の無料の模範解答でしょう。そして、色彩検定協会の方は、最近いろいろ問い合わせをしたり申し込みをしたりしていたので、おそらくそれ関連かなあと。しかし、封筒をよく見ると、「折り曲げ厳禁」と書いてあります。申込書類の類にしては丁重な。
色彩検定協会からの封筒

ここで初めて、「あっ、そうだ、あれだ!」と思い至り、急いで開けてみたところ、やっぱりそうでした。色彩検定1級の合格証書です。
色彩検定1級の合格証書(台紙)

二つ折りの台紙を開きますと、合格証書が現れました。
色彩検定1級の合格証書(本体)

1級は、英語にすると、「The First Level」となる模様。ファーストレベル。最初の段階、最も易しいレベルみたいな印象を受けてしまうのは私だけでしょうか。

モヤモヤしつつ、「1級」の下に書かれた英文を訳してみました。

「色彩検定協会は、名誉と誇りをもって、あなたが上記の文部科学省認定の色彩調和の試験に合格したことの証明書を授与します。」

なんだか、日本語で書かれた文よりも、こちらの方が何事かをなしとげた感が高いです。同じく合格を果たし、この証書を手にされた方は、ぜひご家族お友達にこの訳もお伝えください。

合格証書がはさまれていた台紙には、カードタイプの合格証明(1級色彩コーディネーター資格証)もはさまれていました。2級はシルバーでしたが1級はゴールドです。
1級色彩コーディネーター資格証

ということで、今日は色彩検定1級の合格証書が届いて嬉しかったので、写真付きでレポートしてみました。

さて、2012年の試験で取得したカラーコーディネーター検定1級と、今回の色彩検定1級で、色彩系の二大検定試験を制したことになる私。今までは、ぼんやりとブログのネタにしてきただけですが、今後は、これらの資格を活用して何ができるかに頭を使っていきたいと思います。

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ