スポンサードリンク

システムの詳細は謎なれど、色彩検定の過去問はパックで買うのが断然お得!!

eyecatch

色彩検定2級の公式テキストを購入して数日。

とりあえず一読せねばと思っているのですが、図書館で予約していたジャック・ケッチャムの小説『ザ・ウーマン』がこのタイミングで届いたり、ヘヴィメタル専門雑誌『BURRN!』の今月号がHELLOWEEN(ハロウィン)の表紙&巻頭大特集ということで20年ぶりに購入してしまったりで、なかなか読み進めることができません。

うーむ、試験まで半年あるとは言え、これはよくない傾向です。そこで思い立ったのが、テキスト読みの手間を省いていきなり過去問からスタートする行き方。

一般的には、問題集中心に学習するにしても、事前にテキストを一周は回して、ざっと全体構造だけでも把握しておかないとお話になりません。カラーコーディネーター検定のときが正にそう。

とにかくテキストのボリュームがすごかったので、一読しないことには、どこに何が書いてあるかをざっと把握することもできなかったのですが、頭がぐらんぐらんになりながら、とにかく読み切りました。そのあとはひたすら問題集です。

でも、色彩検定2級のテキストの場合は、熱心に読書をしたりするまでもなく、目次を眺める程度で全体の構成が把握できそうです。もちろん、カラーコーディネーターの方でみっちりやっていたからというのもあるんでしょうが、これでなんとかメタルの時間は確保できそうです lml

ということで、さっそく過去問集の購入を検討するべく、色彩検定の公式サイトのテキスト紹介のページにお邪魔してみました。

公式書籍ラインナップ
http://www.aft-kikaku.co.jp/doc/lineup.html

そこで知った衝撃の事実。

色彩検定の問題集は、1年度につき1冊で、それぞれにつき1級から3級、すなわち全級の問題が収録されているだと!?

ちなみに価格は1冊税込み2,940円なり。すなわち、さしあたって過去3年分の2級検定問題を入手するのに9,000円弱もかかってしまうことになります。

うーん。。1級はおそらく受験することになるので、ムダにならないとしても、今、いちどきにそれだけの出費は痛い・・・痛すぎます(;w;)

しかし、過去問を使わない検定対策など考えられません。いたしかたないのかと覚悟を決めたところ、思わぬ救いの手が。亭主がこんなものを探してきてくれました。

色彩検定過去問題集(’05’06’07)3冊パック限定版

気になるお値段は、パックで2,000円。単品で2,940円で売られているものと同じものが3冊まとめて2,000円。えらい安いな(汗)

’09’10年度の2冊パック限定版1,500円也という商品もありまして、これらのパックを利用すると、3,500円で5年分の過去問が手に入ることになります(ちなみに2008年度は売り切れらしい)。

色彩検定過去問題集(’09’10)2冊パック限定版

なんだかシステムが良く分からず、狐につままれたような心持ちですが、とりあえず早まって単品買わなくてよかったと・・・さっそく、Amazonでパック版の申し込みをしようと思います。

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ