スポンサードリンク

今さら聞けない「クリエイティブ・コモンズ」の意味と使い方

eyecatch

今日は、ブログやサイトでフリーの画像を利用する人であれば、おそらく一度は聞いたことがあるんではないかという「クリエイティブコモンズ」とは何かを、可能な限りわかりやすい形で説明することに挑戦したいと思います。

いきなり何かといいますと、別に運営しております「試験に出る色彩用語」というサイトで、Photopin(フォトピン)という、Flickerからクリエイティブコモンズの画像を探してくれるサービスを利用しているのですが、どうも著作権や利用規約について一抹の不安がありまして。

そこで今日、突っ込んで調べてみたところ、何となく全容が見えてきたので、記事としてまとめてみることにしたわけです。クリエイティブコモンズって実はよくわからない、でも今さら人に聞けない、という方のお役に立てましたら幸いです。

そもそもクリエイティブコモンズとは何か

さて、「クリエイティブコモンズの画像」というときの、「クリエイティブコモンズ」とは、正確にはクリエイティブ・コモンズ・ライセンス(以下、本文中では「CCライセンス」と表記)のことです。

また、「クリエイティブ・コモンズ」とは、CCライセンスを運営管理する団体の名前でもあります。同団体の日本公式サイトによると、CCライセンスはこう説明されています。

作品の作者が自ら「この条件を守れば私の作品を自由に使って良いですよ」という意思表示をするためのツールです。CCライセンスを利用することで、作者は著作権を保持したまま作品を自由に流通させることができ、受け手はライセンス条件の範囲内で再配布やリミックスなどをすることができます。
(クリエイティブ・コモンズ・ジャパンの「クリエイティブ・コモンズ・ライセンスとは」のページより)

コンテンツの作成者が、自分の権利を守りつつ、作品を世の人に幅広く利用してもらうことができるシステム、それがCCライセンスということですね。

クリエイティブコモンズライセンスは6種類

ただ、ここで注意しなければいけないのは、CCライセンスには6種類あり、それぞれ作品を利用できる範囲が異なること。利用の自由度が高い順に、六つのライセンスを挙げてみました(※番号は、この記事での説明の便利のために、私が独自に振ったものです)。

  1. 表示 2.1 日本 (CC BY 2.1 JP)
  2. 表示 – 継承 2.1 日本 (CC BY-SA 2.1 JP)
  3. 表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1 JP)
  4. 表示 – 非営利 2.1 日本 (CC BY-NC 2.1 JP)
  5. 表示 – 非営利 – 継承 2.1 日本 (CC BY-NC-SA 2.1 JP)
  6. 表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-NC-ND 2.1 JP)

となります。かなり長いので、ここでは記号で、またすべてに共通する「CC」「2.1 JP」を省いて、「BY」「BY-SA」のように表記したいと思います。

では、まず1の「BY」は、条件を守る限り、どのようなメディアやフォーマットにおいても作品の複製、再配布をすることができ、また、改変したり、別の作品のベースにすることができます。しかも商用利用が可能という太っ腹。

「条件」とは、以下の通り。

表示 — あなたは 適切なクレジットを表示し、ライセンスへのリンクを提供し、変更があったらその旨を示さなければなりません。あなたはこれらを合理的などのような方法で行っても構いませんが、許諾者があなたやあなたの利用行為を支持していると示唆するような方法は除きます。

追加的な制約は課せません — あなたは、このライセンスが他の者に許諾することを法的に制限するようないかなる法的規定も技術的手段 も適用してはなりません。

ちょっとややこしいのですが、ちゃんと出所を示して、変更があればそれも示しましょうと。「追加的な制約」うんぬんは、今のところ調べておりませんが、例えば「私だけが作者さんの許可を得てます!」なんて妙なことを言い出さない限り、OKではないかと思います。

この上記の2つの条件は、すべてのCCライセンスに共通です。ただ、2~6は、そこにさらに条件がくっついてくると。以下、BY-SAからBY-NC-NDまでのCCライセンスを、ごくごく簡単に説明していきましょう。

2. BY-SA
改変はOKだけど、あなたの貢献部分にも元のライセンスが及びますよ(何らかの加工を施した場合も、自分の作品として発表することはできないという理解でいいかと思います)。商用利用は可能です。
3. BY-ND
改変しちゃダメですよ。商用利用は可能です。
4. BY-NC
改変したり、別の作品のベースにしたりしてもいいけど、商用利用は不可です。
5. BY-NC-SA
改変したり、別の作品のベースにしたりしてもいいけど、商用利用はNG。あと、貢献部分にも元のライセンスが及ぶので注意(その点は2と同じ)。
6. BY-NC-ND
改変も、商用利用も不可。

まとめ

以上を表にまとめますと、こうなります。クレジット表示は、すべてのCCライセンスにおいて必要ですので、表からは省きました。

クリエイティブコモンズライセンスの分類

ということで、今日はクリエイティブコモンズとは何か、自分の勉強の成果を披露してみました。

細かいところは、公式サイトでご確認いただくとして、とりあえず、クリエイティブコモンズの画像を利用する際には、

「必ず決められた方法でクレジットを表示しましょう」

ということと、

「CCライセンスの種類によって、利用における自由度にかなり幅がありますので、必ず確認しましょう」

ということを念頭に置いておいていただければと思います。

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ