スポンサードリンク

ダイエット中の人に朗報!炭水化物抜き外食メニューいろいろ

eyecatch

ええ話や。麺やご飯を抜いたメニューを提供する飲食店が増えているらしい。4月27日付の日経MJが、「意外とイケテル!?主食抜き」と題して、炭水化物を野菜や豆腐に置き換えたメニューを供するサービスを特集。かれこれ10年以上、ほぼ炭水化物抜きダイエットを実施しており、外食が恐怖だった人間としては非常に嬉しいので、全力を挙げて紹介したい。

「ナイナイナイ、主食がナイ」ってこれ書いた人多分同世代だと思うけど、語呂が悪いな。ともかく、紙面に登場するのは、次の5つだ。

  • 弁当・惣菜「京香」のごはんをブロッコリーに代えるサービス
  • ラーメン「一風堂」の「白丸とんこつ百年豆腐」
  • 長崎ちゃんぽん「リンガーハット」の「野菜たっぷり食べるスープ」
  • サンドウィッチ「サブウェイ」の「パン抜き」オーダー
  • 立ち食いそば「名代 富士そば」の「天ぬき」

以下、順番に紹介する。

「京香」の弁当のごはんをブロッコリーに代えるサービスは、2015年5月より渋谷店で実施。好評だったので、16年2月から全店で展開することにしたそう。ブロッコリーはコンソメ風味。ただし、+80円の追加料金が必要であるようだ。

http://www.kyouka.net/broccoli/

ラーメン「一風堂」の「白丸とんこつ百年豆腐」は2016年3月に3店舗、1ヶ月限定で売り出したところ人気商品に。MJによると、取扱い店舗を9点に増やし、4月27日オープンのルミネエスト新宿店では定番メニューになるとのこと。

これ、食べてみたいな。ラーメンの麺はもはや食べる気がしないけど、以前は週3のペースで食べるぐらい好きだったので、無性にラーメンスープが恋しくなることがあるのだ。

リンガーハット「野菜たっぷり食べるスープ」は2015年4月よりスタート。450gの野菜が入ったとんこつベースのちゃんぽんスープにとろみがついている。食べ過ぎた翌日の調整に利用している人のツイート発見。

サブウェイの「パン抜き」オーダー。いわゆる裏メニューだそうだが、そんなんできたんですか!ただ、それはもはやサラダなのでは…という気がしないでもない。ちなみにBLTサンドのパン抜きはこうなるらしい。

2015年7月から始まった富士そばのちょい飲みサービス「ふじ酒場」の「天ぬき」。天ぷらそばのそばを抜いたものだが、「そば抜き」ではないのだな。

ということで、今日はMJで紹介された炭水化物抜きメニューをご紹介。同様のサービスで、これらの他に思いつくのは、ハンバーガーのバンズをレタスに代えたモスバーガーの「菜摘」ぐらいだろうか。

思うんだが、どの飲食店でも同様のサービスが受けられるようになるといいんだけどな。外食の誘いを断ったり、断りきれない場合ビュッフェ形式の店を希望したり、それもかなわず行くことになった普通の飲食店で、「ご飯要らないです」って言って、同行者に非国民みたいに言われるのもう疲れたの。

ちなみに、普段は亭主手製のキャベツ丼弁当を会社に持参してる。弁当箱にキャベツの千切り、海藻、糸こんにゃくを混ぜたものを詰め、その上に各種おかずを載せたもの。おかずは、フライ、天ぷら、ギョーザなど油っこいもの満載だが、全く太らないよ。

今月の人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ