スポンサードリンク

学校好きは会社で出世?学校婚活イベントで理想の相手を見つけよう

廃校
photo credit: 小川小学校 下里分校 2014 via photopin (license)

ここ10年ばかり、派遣社員や契約社員としてそこそこ大きな会社にお邪魔しているのだが、片隅から正社員の皆さんをこっそり観察していて思うことがある。

会社で人間関係うまくいってたり、出世してる人には、学校が大好きだった人が多いんじゃないかなあ。なんというか、小中高でリア充だった同級生たちを彷彿とさせるのだ。

  • 昼休みになんかワイワイやってる
  • 仲良しのデスクに立ち寄り談笑
  • すれ違いざまに仲良しにちょっかいかける
  • 社内イベントに積極的に参加

などなど、学校時代は掃除の時間にふざけてたんだろうなーとか、昼休みは校庭で遊んでたんだろうなーとか、運動会大好きだったんだろうなーということが推察されるパーソナリティーが多い。

そこで思ったのだが、順調な会社人生を歩んでいきそうな人をパートナーにしたい人は、学校好きだった人を探せばいいんじゃなかろうか。さて、どうやって探す?答えは学校を模したシチュエーションで開催される婚活イベントや合コンだ。

紙面には、11月下旬に開催された鹿児島県の廃校「たからべ森の学校」で開催された婚活イベント「学校恋活」の模様が掲載されていた。参加者である20~30代の男女37人が教室に集められ、主催者側の女性が教師役を務める。

学校恋活-曽於市移住・田舎暮らし体験プログラム恋活イベント- | 鹿児島と宮崎の県境にある農業体験スクールたからべ森の学校

イベントは、時間割に沿って進む。

1時間目:ホームルーム
出欠確認、校則「清く正しく恋愛すること」の斉唱、自己紹介など

2時間目:レクリエーション
体育館で手つなぎ鬼

3時間目:給食
いわゆる給食メニューではなく、おしゃれなイタリアンビュッフェ

4時間目:フリータイム
校庭、廊下などで気になった相手と会話

5時間目:告白タイム
校庭で列になって男性が気になる女性に告白
(日経MJ 12月13日号 「トレンド」面から引用)

リア充にとっては夢のような時間割だな…運動が苦手で、班長とか議長とかめんどくさい役割を押し付けられることが多かった私にとっては悪夢だが。このイベントを真に楽しめる人は、学校好き、すなわち会社人としての適性があると言えるだろう。

参加した29歳の男性会社員のコメント。

「お互いの学校時代の思い出がきっかけになり、会話に困らない。懐かしいような、新鮮な気持ちで楽しめた」

ああ、この人はいい学校時代を過ごしたのだろうなあ。

当日の模様が、たからべ森の学校のブログで写真付きで紹介されてる。顔は伏せられてるけど、最初のホームルームから告白タイムまでの参加者の画像もあり。

学校恋活2015第2弾!~授業報告~ | 鹿児島と宮崎の県境にある農業体験スクールたからべ森の学校

フリータイムには、いろんなイベントもあって会話に困ることはなさそう。次回開催は未定だそうだが、学校好きのパートナーを見つけたい人は、要チェックである。

ところで、その点、学校生活の思い出といえば、

  • 食が細いのに、担任に給食の完食を強要され、もう学校行きたくない、この先生やだと思ってたら、先生が病気で休職
  • また別の学年の時、担任に誤解されて竹ぼうきの柄で力いっぱいしばかれ、許さないって思ってたら、2年後にその先生が海難事故であぼん

などオカルト系のエピソードが真っ先に浮かんでくる私は、ずっと非正規勤務。そして、それ以上にろくでもない学校生活を送ってきたという亭主は、司法試験浪人のち自営兼業主夫だ。

ちなみに、二人とも通学なる営みは二度としたくないと思っているし、運動会シーズンになるといまだに憂鬱になる。まああれか、価値観共有できてるという意味ではいいのかな。

今月の人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ