スポンサードリンク

Inkscape(インクスケープ)を使いつつCMYKで色を表示する方法

eyecatch

今日はInkscape(インクスケープ)を使いつつCMYKで色を表示する方法について。先日の記事で、書籍『デザインを学ぶ2 色彩と配色セオリー』を参考に、CMYK(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)の組み合わせで色を表す練習をしている、という話を書きました。

が、そこに至るまでに、色々と問題が。使用したソフトは、Inkscape(インクスケープ)なのですが、Inkscape上にてCMYKで色を表示しようと思うと少々面倒でして…今日は、そのへんの顛末を書きたいと思います。

Draw Freely. | InkscapeDraw Freely. | Inkscape

『デザインを学ぶ2 色彩と配色セオリー』で使用されているグラフィックソフトは、Illustratorです。しかし、私はIllustratorを持っていませんのでInkscapeで代用することにしました。

代用できると思ったのは、オブジェクトの色を指定する「フィル/ストローク」ダイアログに「CMYK」というタブがあるからです。

「CMYK」というタブ

しかし、Inkscapeの「CMYK」タブを選択して、表示されたスライダーの数値を本書のお手本と同じにしても、色が同じになりません。場合によっては、お手本通りの数値が指定できないことも(窓に打ち込んだ数値が勝手に変わってしまう)。

何で?と思い、「Inkscape CMYK 指定」などのキーワードで調べてみたところ、ヒントとなる情報が書かれているブログを発見しました。 

InkscapeのRGBデータからCMYKの画像ファイルを作る|INKSCAPE-AHOLIC

Inkscapeのフィルストロークダイアログを開くと、「CMYK」というタブがあります。でも、これは擬似的なもので、InkscapeはCMYKをサポートしていません。なので、Inkscapeで印刷用のデータを作る時は、CMYKをサポートしている別のソフトなどで、RGBからCMYKへ変換しなければいけません。

ここで思い出しました。そうです。Inkscapeは、CMYKの値を保存できないのみならず、デフォルトの設定では、指定したCMYK値で色を表示することもできないのでした。以前、Inkscapeで印刷用のデータを作成したときに学習したはずなのに、すっかり忘れてました。

本日は色の表示が課題ですので、印刷については触れませんが、Inkscape上におけるCMYKの色の表示は、上記ページの「フィル&ストロークの[CMS]タブで色を調整する」という項目に書かれている方法で、解決します。

簡単に書きますと、こんな方法。

ツールバーの一番右の、スパナと紙の絵のアイコンをクリックして「ドキュメントの設定」を起動
「ドキュメントの設定」を起動
 ↓
開いたダイアログの「カラーマネジメント」タブをクリック
 ↓
「利用可能なカラープロファイル」リストのボタンをクリックして、開いたリストから「Japan Color 2001 Coated」(以下「プロファイル」と言います)を選択。
 ↓
「プロファイルをリンク」ボタンをクリック
 ↓
「リンクされたカラープロファイル」欄にプロファイルの名前が表示されたら、「ドキュメントの設定」を閉じる。

この状態で、「フィル/ストローク」ダイアログを起動させ、「CMYK」ではなく「CMS」タブをクリックし、タブ下のリストから「ドキュメントの設定」で指定したプロファイルを選ぶと、指定したCMYK値で色を表示することができるようになります。これでお題のCMYKカラーチャートを作ることができました。

CMYKカラーチャート

いやー試してみてよかった。危うく「Illustratorがない方は、フリーソフトのInkscapeをお試しください。フィル/ストロークダイアログににCMYKタブがあります。」とドヤ顔で語ってしまうところでした(汗)

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ