スポンサードリンク

Windows8搭載のDellのノートパソコンでファンクションキーの設定を変更する方法

eyecatch

Windows8搭載のノートパソコンDell Inspiron15 3000に買い替えて5日目。デザインも格好いいし、起動も早くて大層気に入っているのですが、一つ困ったことがありました。何かと言いますと、ファンクションキー(キーボードの最上段に並んでいるF1~F12のキー)が効かないことだったのですが、色々調べたところ、設定を変更できることが分かり、ぶじ問題解決しましたので、今日はその方法をご紹介。

ちなみにこれがDell Inspiron15 3000
Dell Inspiron 15 3000シリーズ ノートブックPC(Cel/4GB/500GB/Win8.1) Inspiron 15 3000シリーズ 15Q21

さて、ファンクションキーが効かない、と書きましたが、私がこれまであてにしていた効果が得られなくなったというのが正確です。例えば、ファイル名の変更をしたくて[F2]を押すと音量調節のパネルが現れたり、文字を半角カタカナにしたくて[F8]を押すと、画面の明るさを変更するパネルが表示されたりするという。

何ですかこれは、ということで、「Windows8 ファンクションキー 効かない」などのキーワードで少し調べてみたところ、キーボード左下にある[Fn]とファンクションキーを同時に押さないと、半角カナ化などの効果が得られないことが判明しました。

これが[Fn]キー。
新しいパソコンの[Fn]キー

いやー先代のInspironにはそんなもんなかったけどなあ、と思いつつ、一応確認してみたところ、ちゃんとあった(汗)うーん、6年使ってたパソコンですが、Fnキーなんて一度も触ったことない、というかその存在を知りませんでした。
先代パソコンの[Fn]キー

どうやら以前は、名前を変更するとか半角化する等が「F」のついたキーのデフォルトの機能で、音量や明るさを調節するには[Fn]を同時に押さないといけなかったところ、Windows8ではそれが逆転している模様。

これは面倒くさいことになったと思いましたが、まあそういうことなら仕方ありません。ということで、「Fキーを使う時には[Fn]と同時押し」を常に頭に置きつつ作業をすることにしたのですが、長年の癖がそうそう抜けるわけはなく…あまりにストレスフルなので、本格的に設定変更の方法調べに乗り出しました。

で、判明したのが、どうやらWindows8の問題ではなく、パソコン側の設定の問題であるという話(悪いことは何でもWindows8のせいにしてすまん…)。解決法は、機種によって異なるようですが、Dellの場合は、こちらのサイトに掲載されている方法で、見事に解決しました。

【DELL(デル) Inspiron 11】ファンクションキー設定を変更!「Fn」キーを押さなくて済むようにした!

ごくごく簡単にまとめますと、

  1. 起動してDELLのロゴマークが表示されたら[F2]キーを2回押す
  2. 画面が切り替わったら[→]を押し「Advanced」タブに移動
  3. [↓]を繰り返し押し[Function Key Behavior]にカーソルを合わせる
  4. [Enter]を押すと、[Multimedia Key]か[Function Key]かを選択する画面が表示されるので、矢印キーで[Function Key]にカーソルを合わせて[Enter]
  5. [F10]を押して保存し、「Setup Confirmation 」という画面が表示されたら、[Yes]を選択し[Enter]]で元の画面に戻る

パソコンには疎いので、普通のインターフェースでない画面を操作するのは怖い、と当初は思いましたが、やってみたところ意外と簡単でした。Dellのノートパソコンをお使いの皆さんで、ファンクションキーにお悩みの方はぜひお試しを。上記サイトは、画面の画像つきで解説されていて、とても親切です。

今月の人気記事

“Windows8搭載のDellのノートパソコンでファンクションキーの設定を変更する方法” への2件のフィードバック

  1. 091 より:

    この記事のおかげで同じ状況を解決できました、
    ありがとうございました!

  2. koakisan より:

    お役に立てたようでよかったです!
    Fnキーを押しながら作業するのは、
    ほんとストレスフルですもんねー。

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ