スポンサードリンク

2016年のゴールデンウィーク、何する?そして予算は?日経MJが1000人に聞いた結果

eyecatch

あと1か月でゴールデンウィーク。今年、2016年のゴールデンウィークは、4月29日(金)からスタートして、5月1日(月)と6日(金)を休めば10連休になることから、海外旅行に行く人が多いのかと思いきや、日経MJの「1000人の家計簿」(※)では、「GWにしたいこと」の上位に「海外旅行」はランクインしていなかった。

アンケートは複数回答可で、上位4項目は以下の通り。以下、断りがない限り、データは3月25日付の日経MJからの引用である。

  1. 外食(24.1%)
  2. 国内旅行(24.0%)
  3. 買い物(23.7%)
  4. 日帰りレジャー(21.8%)

以下、「自宅中心で過ごす」が2割弱、「映画・演劇など芸術鑑賞」が1割強、「帰省」が約1割と続く。

回答者の4分の1は、国内旅行には行くようだ。同アンケートによると、人気の行先はこちら。

  1. 京都など近畿圏(28.8%)
  2. 東京など首都圏(26.7%)
  3. 北海道(19.2%)

MJには「3月26日の北海道新幹線の開業で北海道に関する関心が高まっている」と書かれていたが、北海道って常に人気なんじゃないの?ちなみに、北海道新幹線のオープンから3日間の平均乗車率は43%だったらしい。ゴールデンウィークの乗車率はどうなるんだろうな。

北海道旅客鉄道(JR北海道)は29日、北海道新幹線が開業した26日から3日間の平均乗車率(新函館北斗―新青森)が43%だったと発表した。日付別では26日(土)が61%と最高で、27日(日)は37%、28日(月)は31%だった。

北海道新幹線の乗車率、平均43% 開業3日間で:日本経済新聞(2016/3/30 10:15)より引用

ところで、2016年のゴールデンウィーク、みんなどこ行くの?と同時に気になるのが、いくら使うの?ということだが、同アンケートで、GW期間中の1人あたりの支出予定額を聞いてみたところ、平均予算は、3万5290円だったそうだ。

ただし、内訳を見ると、各価格帯にまんべんなく回答者が分布している。

  • 1万円未満(21.3%)
  • 1万~2万円未満(19.0%)
  • 2万~3万円未満(15.7%)
  • 3万~5万円未満(16.1%)
  • 5万~10万円未満(17.4%)
  • 10万円以上(10.5%)

ということで、このデータをどう用いるかは皆さん次第だ。

ゴールデンウィークだ!テーマパークだ!焼肉だ!と浮かれている家族を諌めるには、低い予算価格に言及するといいだろう。

ほとんどの人は2万円ぐらいまでしか使わないんだからね!

とか(あえて「1人あたり」は省く)。逆に、パートナーの財布の紐が固すぎて困っている人は、

連休に1人あたり1万円以上使う予定の人が8割もいるんだって!
みんなのゴールデンウィーク予算は3万5千円以上らしいよ!1人あたりだよ!

と言ってみよう。外食の回数が増えたり、旅館のランクが上がったりするかもしれない。あるいは、データのばらつきをそのまま示して、

よそはよそ、うちはうち!

と断言するのもありだと思う。2016年のゴールデンウィーク、皆さんが納得できる過ごし方、予算を勝ち取る助けになれば幸いだ。

ちなみに、我が家はここ数年、大型連休といえば「自宅中心で過ごす」派だ。今年のゴールデンウィークも、マイルドヤンキーも驚くぐらい地元から外に出ず、予算は、普段の生活費にビール代が少し上乗せされるくらいだろう。

いや、よくよく考えてみると、大型連休だからって、何か特別なことをしなきゃいけないことはないわけで。メンバー全員ノリノリで「ここ行こう!」「あれ食べよう!」とならない家庭は、無理に何かを企画する必要はないと思う。

本当に参加したいイベント、欲しいものを見つけた時のために、体力とお金はとっておく方がいいんじゃないのかな。水を差すようで申し訳ないが。

***

※アンケート調査は、日経が「マクロミル」に依頼し、2016年2月26~28日にインターネットで実施したもの。今年2016年のゴールデンウィーク期間は4月29日~5月8日とした。全国の20~60代の男女1000人から回答を得たという。

今月の人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ