スポンサードリンク

知り合いがあなたのベビーシャワーパーティーに行きたくない3つの理由

ベビーシャワー
photo credit: blue! via photopin (license)

先日のケータリングについての記事を書いている最中に、「ベビーシャワーパーティー」なるイベントが存在することを初めて知った。アメリカの発祥の、安定期に入った妊婦さんをお祝いするためのイベントらしい。

基本、女性ばかりの集まりで、妊婦さんが希望するベビー用品をプレゼントしたり、ゲームをしたり、お茶や食事を楽しんだりするという。欧米では、セレブのベビーシャワーパーティーが開催されると、SNSなどにその模様がアップされるというので、探してみた。

キム・カーダシアンさんが参加した、あるお友達のベイビーシャワーパーティー。キムさん自身妊婦さんで、すごい貫禄で完全に主役を食ってしまっている。

テイラー・スウィフトさんが主催したパーティー。女優ジェイミー・キングさんの第二子のためのイベントなんだけど、みんな弾けてるなー。

下記は、アメリカ在住の日本人の方のブログより。ゲームや飾り付け、プレゼントなど、本場のベビーシャワーパーティーの全容がよく分かる内容。

今回はちゃんと準備も手伝えなかったし、ダイパーケーキ(たくさんのおむつを丸めてつくるケーキに似せたもので、その中にプレゼントをしこむのです)も今回は作れなったし、今度は日本人の誰かにベイビーシャワーをやって、ベイビーシャワーを満喫したいなと思いました。地蔵にならなくて済むし。
日本でもベイビーシャワーがもっと広まればいいのに!
初めてのベイビーシャワー☆ : ボストン奥様暮らし より引用)

で、このブログの奥様の願い通り、日本でもベビーシャワーパーティーを開催する人が増えているらしい。ベビーシャワージャパンなる協会が発足して、「ベビーシャワープランナー」や「ダイパーケーキマイスター」を養成していたりもする。

http://www.babyshower.or.jp/babyshower.html

しかし思うのだが、結婚式や出産祝い、引っ越し祝い、子供の誕生日祝いなどで、ただでさえ疲弊している人が多いというのに、これ以上揉め事の種を持ち込むのはやめた方がいいのではなかろうか。

実際、「ベビーシャワー」と検索してみたら、複合語候補の上位に「行きたくない」が表示される。発言小町には、こんなお悩み相談があった。大して親しくもないお隣の新婚妊婦さんから、ベビーシャワーパーティーに誘われた女性の相談。

マンションのパーティルームなどでやるのかと思い、軽い気持ちで承諾したのですが
後日受け取った招待状に書かれていたのは、2駅ほど先の一軒家。
ご実家かと思い聞いたところ、知り合いのおうちとの事でした。

招待者リストを見せて貰ったところ、知っているのは同じマンションの方2人ほどで
ほかの10人ほどは面識もなく、さらに私ともう1名以外は全員1歳くらいの子供同伴でした。
(中略)
全く知らないお家にお邪魔して、知らない子供たちの相手をしなくてはと考えると
それだけでどっと疲れが出てしまいます。
一回了承したのですが、別途お祝いを渡すなりして断ろうと思うのですが
皆様だったらどうされますか?
ベビーシャワーに誘われたけど・・・。|発言小町

「先輩ママとして」と誘われたらしいが(トピ主さんは中学生の子持ち)、ここで関わったら、出産後、全力で寄りかかられそうなので、逃げた方がいいと思うのは私だけだろうか。

他方、こちらは友人から「行きたくない」と思われている妊婦さんの相談。アメリカ在住の日本人コミュニティ内での話で、誘ったお友達は、不妊で悩んでいる女性。相談者が妊娠するまでは仲良しだったという。

こちらではベビーシャワーをかなり大きくする習慣があって、義母の計画でわたしのも開いてくれるのですが、
その日の予定を空けといてねと内輪にMailでした際、こんなに早く案内がくるなんて初めて!ちょっとびっくりだったよ。と、少し避難的(※原文ママ)な返信がありました。
普段フェイスブック等の返信はなにもありませんが、この案内にはかなり敏感になっていたようです。
ベビーシャワーは実際7月で、本格的に招待状を送るのは六月です。
そのMailの返信では、日本から家族が来る予定だから予定は変えられない、変わったとして会場が遠すぎるので行けないとの返信でした。
実際一時間半の運転が必要なのでかなり遠いとは思いますが、私は彼女の結婚式や引っ越し祝いに同じ距離をかけてお祝いに行きました。そして彼女のご主人もよく会場近くまで趣味のために出向いているようです。しかし私のベビーシャワーには来れないそうです。
妊娠してから不妊の友達に露骨に避けられます。|Yahoo!知恵袋 より引用。※は筆者)

他の部分も読んだところ、この人は、妊娠初期のお披露目パーティーにもその友人を誘って、ドタキャンされているという。ドタキャンはどうかと思うし、不妊の人を出産絡みのイベントに誘うなんて!という気もないが、今回は予定があるって言ってるのに何だかなあ。

そして、英語でも検索してみたところ、本場アメリカの人がベビーシャワーパーティーを批判しているスレッドを見つけた。

Why most people don’t want to go to your baby shower:
(なぜほとんどの人があなたのベビーシャワーに行きたくないのか)

興奮のあまりか、2回同じことを書きこんでしまっているが、内容は2つの段落にわたる。一段目は、人々がベビーシャワーに行きたくない理由を三つ。ものすごく要約すると、

・あなたとあなたのお腹のために、数週間前からスケジュールを空けておく価値が分からない
・出席するだけでも気が重いのに、指定されたプレゼントを買ってラッピングするとか
・ベビーシャワーゲームで盛り上がっているのはあなたのママと親友だけ

となる。そして二段目を抜粋して意訳すると、

「頼むからゲストにとって気軽で楽しいパーティーにしてくれないか。本当に来たいって人だけを呼んで、その人たちの好みに合わせて。自分がアルコール飲めないからって、ゲストも飲んじゃいけないってことはなかろうよ。あと、食事時に招待しておいて、かわいらしいフルーツの盛り合わせや、ピンクとブルーのカップケーキだけとかは無しな。肉焼くかピザでも取れやボケ」

という感じになる。最後の肉とピザには笑ったが、発祥の地の人が、フォーマルで妊婦サイド本位のベビーシャワーをこれだけ嫌っているのだ。日本で主催する場合は、よりカジュアル、よりゲスト本位を意識した方がいいんじゃなかろうかと思う。

今月の人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ