スポンサードリンク

カラーコーディネーターが伝授!おすそ分けマスキングテープのちょっと差がつく並べ方

eyecatch

4月22日発行の日経MJの「トレンド」面がマスキングテープの特集でした。手ごろでかわいいので、ついついコレクションしてしまった色んな色や柄のマスキングテープを「おすそわけ」しあう女性が増えているとのこと。

マスキングテープは、普通のセロテープやビニールテープ同様ロール状で、裏面は接着面になっているわけで、それをお裾分けってどうするんだろう?と思ったら、30cmぐらいの長さに切り分けて、それをストローや園芸用のネームプレートに巻いて、渡すという方法が主流のようです。なるほど。

検索してみたら、今年の2月にすでにNAVERまとめができてました。

マステを巻いてお裾分け♪マステ交換が流行ってるみたい

MJに載ってた写真や、上記まとめの画像を見ると、ひとつの園芸用ネームプレートには、5~7種類のマスキングテープが巻けるものである模様。

で、思ったのですが、一本のプレートに巻くマスキングテープの色柄の選択と並べ方にセンスが出るなあと。

そこで今日は、カラーコーディネーター検定や色彩検定でおなじみの配色理論を使って、「センスいい!」「これぞ素敵便!」と言わせるマステの巻き方のコツを考えてみようと思います。

理論といっても難しいもんじゃありません。

「統一感とメリハリのバランス」を意識する

これだけです。フリー素材 * ヒバナさんのWeb用マスキングテープをお借りして、シミュレーションしてみました。

【コツその1】色を統一するなら、濃淡や柄にバリエーションをつける

マスキングテープの並べ方例(色を統一)

同じ系統の色でまとめる場合、鮮やかな色×淡い色・くすんだ色(またはハッキリした柄×細かい柄)を組み合わせると、あか抜けた印象に。はっきりとぼんやりを交互に配置すると、よりバラエティ豊かに見えます。

【コツその2】赤、黄、緑…いろんな色を使いたい場合は、色の調子を揃える

色をたくさん使うと、まとまりのない印象になりがちですが、色の調子(「トーン」といいます)を、鮮やかどうし、淡いどうしで揃えると、落ち着きます。

お裾分けマスキングテープの並べ方(鮮やか)

おすそ分けマスキングテープの並べ方(淡い色)

色のべ方のコツですが、上の画像は、黄の隣に青や紫、緑の隣に赤という具合に、対照的な色を持ってきて、バラエティ感を強調したもの。

赤→橙→黄→緑→青→紫のように、虹の色の並びに沿って並べると、より落ち着いた印象になります。

おすそわけマスキングテープの並べ方(グラデーション)

ということで、今日はマスキングテープのお裾分けを作るときに、知っておくと便利な配色のコツをお届けしました。交換便のお仲間との交流にお役立ていただければ幸いです。

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ