スポンサードリンク

ホワイトデーの義理のお返しは有楽製菓のブラックサンダーで決まり

eyecatch

ブラックサンダーでおなじみ有楽製菓が、2月17日から3月14日までの期間限定で、「義理のお返しショップ」を東京駅構内にオープンする。同社は、2014年から、バレンタインシーズンに義理チョコ専門の「義理チョコショップ」を出店していたが、義理チョコに対するお返しに特化したショップは初めてとのこと。

お返しショップで販売される商品は、普段は北海道限定の「白いブラックサンダー」(※以下、画像は有楽製菓のHPより)

白いブラックサンダー

黒いチョコクランチをホワイトチョコでコーティングした「白黒サンダー板チョコ」

白黒サンダー板チョコ

そして、全長40cmの「白いブラックサンダー大」など。

白いブラックサンダー大

見た目のインパクトを持たせた特別商品。その姿はまさに「大きすぎた白い雷神!」。義理チョコをもらった感謝を大きく示したい相手へのお返しにご利用ください。
白黒つけないお返しに白いブラックサンダー白い雷神 義理のお返しショップ 東京おかしランドに初・登・場!!より

「白いブラックサンダー大」は1日限定20個で、午後と午前の2回、整理券が配られるそうだ。これはすごいな。義理チョコを配る習慣はないが、これが返ってくる可能性があるなら、ちょっと今からチョコ買いに行ってくる。

上記の他には、東京限定の「東京サンダー」や、レギュラーのブラックサンダー(箱入り)もあるそうで。

いや、「義理のお返しショップ」は東京のみの出店のようだけど、その他の地域の皆さんもホワイトデーに悩むようなら、義理チョコのお返しは有楽製菓ってことでいいんじゃないですかね。このネタをきっかけに。ブラックサンダーどこでも買えるし何より美味しいし。

イズミヤの催事コーナーから予算ありきで適当に買われたチョコ、しかも特に狙っているわけでもない差出人のために、慣れないデパ地下のスウィーツ売り場をうろうろして、時間を費やすのは勿体ないと思うのだ。

えーそんなことないです。義理だけどちゃんと吟味したクラフトチョコですよ、ゴディバですよ、デメルですよ、いや私のは手作りですよ、という向きもあるかもしらん。

しかし、そういうのは、その女子自身の趣味。選んだり作ったりしている自分が好きなのだから、放っておけばよろしい。そう、実はバレンタインは、男子不在のイベントだったりするのだ。男子も、ホワイトデーには好きに楽しもうぜ。

今月の人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ