スポンサードリンク

アサヒのコックシューズ101を外履きしてみた感想

eyecatch

買おうかどうか迷っていた靴を買った。靴にまつわる1000人アンケートといつの間にか断捨離してた私の靴箱という記事で、レインシューズ代わりに使えるかもしれないと書いた、アサヒのコックシューズだ。さっそく外履きにしてみたので、今日はその感想を書く。

購入はAmazonを通じて。月曜日に注文して木曜日に届いた。商品ページによると、「通常6~10日以内に発送」とのことだったが、それよりは随分早い到着だった。発送元は、出品者の株式会社イーデンキ。アマゾンからじゃないので箱がジャストサイズ。

イーデンキからの荷物

こちらが、アサヒ(ASAHI)コックシューズ101、黒の22.5㎝(KF69222)。

アサヒ コックシューズ101黒

うーん、想像していたより、作りがちゃちい気がするが、4000円ぐらいだし、こんなもんかな…あと、画像で見た印象より、底が薄い

試しに履いてみたところ、クッション性も低いような。普段、底の厚いマーチンや、スニーカーしか履いてないからそう感じるのかもしれないけど。いやでも、以前、飲食店の厨房でバイトしてる時に支給されたコック靴は、もっとフカフカしてた気がするな。

さて、レインシューズにようと思って買ったこの靴だが、商品が届いてから一向に雨が降る気配がないので、待ち切れずに、晴れた日に外履きしてみた。

まず、デザインだがこれは○。爪先の丸っこいところも、かかとが深くてすっぽり包み込まれる感じも、非常に具合がよろしい。あと、表面がマットなので、よくあるレインシューズのような違和感はない。

しかし、通勤時に履いてみて思ったのだが、やっぱりクッション性は低いな。路面の凹凸や硬さ、冷たさが、足裏にダイレクトにくる感じ。いやこれ、外部の道路じゃなくて、コンクリートやタイル敷きの厨房でも辛いんじゃなかろうか

靴底のグリップ感はすごくいいんだけどな。つるつるした仕上げの床でも全く滑らず、かといって引っかかったりつんのめったりすることもない。路面が乾いていても濡れていても安心そうである。

靴底はこんな。
アサヒコックシューズ101の靴底

ということで、デザインとグリップ感という点では、外履きOK、しかも晴雨兼用でいけそうなのだが、クッション性がいまひとつで惜しい、というのがアサヒのコック靴の今のところの感想だ。

まだ検証していないのが、肝心の防水性だが、そこがダメだったら、このブログとアマゾンのカスタマーレビュー欄で盛大に切れてみようと思う。

今月の人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ