スポンサードリンク

臭い、フケ、ベタつきは?湯シャン生活3週間目の私が語るメリットとデメリット

eyecatch

湯シャンだと、フケが出たり臭いやベタつきが気になったりするのか?シャンプーを使わずにお湯だけで洗髪する「湯シャン」に切り替えてから半月ばかり経過したので、今日はその感想を書こうと思う。

ちなみに40代、女、既婚者。髪の長さは背中ぐらいまであり、髪質は硬い・太い・多い・くせ毛の四重苦。肌質は部分的にちょっと脂っぽいが、体臭はほとんどなし。

私が湯シャンを始めた理由

まず前提。私は、湯シャンを始めるまでは、原則として毎日、シャンプーで髪を洗っていた。しかし、ヘアケアには無頓着。シャンプーを選ぶ決め手は、価格の安さだったし、コンディショナーやトリートメントは、10年ぐらい使ってない。

なぜかというと、何を使おうが髪の状態が改善されたことがないから。ちょっといいヘアケア製品を試してみると、最初は「おっ?」となるのだが、しばらくすると、何も変わってないことに気が付いて空しくなるのだ。どのみち、髪質的に、ロングにしてまとめるしか選択肢がなさそうだし、もうええわ、と。

ただ、ここ数年は、地肌が乾燥して、髪を束ねる時に毛穴が突っ張るような不快感があったり、毛先がゴワゴワすぎてまとめにくいという支障が出てきたりで、何か対策をする必要があるかなあとは思っていた。

そんなある日、1ヶ月ちょっと前だったと思うが、亭主が湯シャンを始めるという。宇津木龍一氏の本「シャンプーをやめると、髪が増える」などを参考に。

ちなみに、亭主は頭髪に不自由しているわけではなく、映画「メタルヘッド」のヘッシャーを東洋人にしたような40代のおっさんだ。

そんな彼の悩みは、シャンプー後の髪の広がりと、乾燥による頭皮のかゆみ。シャンプー→すすぐ→乾かす→パサパサでかゆい→潤った頃にまた風呂タイム、というサイクルにいい加減嫌気がさし、湯シャンにたどりついたらしい。

で、2週間後ぐらいに感想を聞いたところ、入浴後のかゆみがなくなり、ワックスなしでも髪がまとまるようになったという。フケについては、最初の数日、ちょっと気になっただけらしい。臭いは、全く気にならない。

その様子を見ていて、私は思った。髪がまとまりやすくなるというのは、朗報だ。だが、亭主と私では頭皮のタイプが違うので、私には湯シャンは無理だろうと。1日シャンプーしないと頭がかゆくなったり、額の生え際が、なんかテカテカしてきたりするし。

しかし、前述の書籍「シャンプーをやめると、髪が増える」に一応目を通してみて、考えが変わった。シャンプーで皮脂を取り去ることで、皮脂の分泌がさかんになり、皮脂腺が肥大しさえするというではないの(そこに栄養を奪われるので、毛が細るという話)。

うーむ、頭皮をサラッとさせたくて毎日シャンプーしているというのに、それが逆に頭皮のベタつきの原因になっているかもしれないと?これは聞き捨てならない。

ということで、私も湯シャンを試してみることにして、現在3週間目。現時点で感じているメリットとデメリットを挙げてみたいと思う。まずはデメリットから。

湯シャン3週間目に感じているデメリット

  1. 生乾きで放置すると頭皮が臭う
  2. これはダメージでかい。生乾きのまま寝てしまった翌日、頭皮をこすった指を嗅いでみて死にたくなった。シャンプーを使っているときは、そんなことはなかったのだが。

    やはりお湯だけでは汚れが落ちていないのか?しかし、シャンプーを使っている場合でも、生乾きで放置された頭皮は、実は臭うのかも。臭っているのだが、香料でごまかされているだけなのかもしれない。とりあえず、ドライヤー&タオルドライは必須ということで。

  3. なんかスッキリしない
  4. シャンプーを使った時のような爽快感はない。頭皮や髪をさわると、ちょっとベタベタする。ただ、このベタつきは、湯シャンを開始して1週間目ぐらいがマックスで、次第に軽減されつつある気がする。

  5. フケが少し気になる
  6. と言っても、黒っぽい服を着ていると、肩に粉状のが少し落ちてるのが分かるという程度。以前、シャンプーが合わなくてフケに悩んでいたことがあるのだが、そのときの、雪のように降り積もる様(汚くてすまん)を考えると、全く問題ないレベルと言える。

湯シャン3週間目に感じているメリット

  1. 髪がまとまりやすくなった
  2. 頭頂から後頭部あたりの髪の毛が落ち着いて、頭が一回り小さくなった気がする。ツヤも出てきた(けしてテカっているのではないと思う)。毛先はまだパサパサしているが、今後どう変わっていくのか楽しみである。

  3. 時間と労力と湯が節約できる
  4. 髪を湿らせ、シャンプーを泡立てて洗い、きれいにすすぐという行為に、どれだけの時間と労力と湯が費やされているかがよく分かった。もちろん、シャンプーを使った場合と比較すると、髪の指通りが悪いので、その点少し苦労するが、泡が残らないようにすすぐ方が、はるかに面倒くさい。

  5. 首から方にかけての吹き出物がなくなった
  6. シャンプーを使っている時は、首のあたりにブツブツした感触があったり、背中や胸に吹き出物がよくできていたのだが、シャンプーを使うのをやめて数日で、その症状がなくなった。シャンプーが実は洗い流せていなくて、それが皮膚に付着していたのが、ブツブツの原因だったのか?と考えている。

まとめ

ということで、今日は私が湯シャンを始めたきっかけと、3週間目の状態を書いてみた。まとめると、フケは少し気になる、ベタつきは1週間目がピークであとは軽減、臭いはちゃんと乾かせば問題ないというところだ。

周囲からどう見えているのかは分からないが、この3週間で疎遠になった人もおらず、職場(ちなみに、オフィス内のPC作業)で上司から注意を受けたりもしていない。湯シャンを試してみたいけど、フケやかゆみ、ベタつき、臭いなどはどうなるの?と躊躇している人の参考になればうれしい。

今月の人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ